富士の溶岩流に形成された「鮎壺の滝」を見てきた|映画サクラダリセットのロケ地

鮎壷の滝

住宅街の中にある滝、鮎壷の滝を見てきました。

富士山の裾野近くには「五竜の滝」がありますが、もう一つ、少し南下したことろに、溶岩の間から流れ落ちる滝を見ることができるスポットがあります。今回は長泉町にある「鮎壺の滝」に行ってきました。

富士の溶岩流の岸壁に形成された「鮎壺の滝」をめぐる

場所はJR下土狩駅の近く

JR下土狩駅の西口から徒歩で5分程度、鮎壺公園の中に今回の目指す滝があります。この公園は、専用の無料駐車場はありますが、4台程度と狭いです。

鮎壷の滝

運が良ければ富士山とセットで見れる

鮎壺の滝ですが、住宅街の中にあります。長泉町と沼津市の間に流れる黄瀬川にある滝で、周りは広場や公園として整備されており、市民の憩いの場になっていました。自称、「JR駅に一番近い滝」だそうです。

鮎壷の滝

見えてきました、鮎壺の滝です。富士溶岩流の岸壁に形成された、高さ9m、幅65m余りの滝です。今日は見れませんでしたが、運が良ければ富士山を遠くに見ることができることから、別名「富士見の滝」とも呼ばれています。

鮎壷の滝

溶岩流の断面や溶岩樹形を見れる貴重な場所

少しお勉強も。約1万年前の富士山の噴火で、大量の溶岩(三島溶岩)が黄瀬川に沿って流れ下り、柿田川付近にまで到達しました。以前このブログでも、柿田川公園の富士山の湧き水は見に行きましたが、綺麗でしたね。この三島溶岩の南西端にかかるここ鮎壺の滝では、薄い溶岩が何枚も重なっている様子や、流れる溶岩に巻き込まれた樹木が焼け落ちた痕跡「溶岩樹形」を観察することができます。

鮎壷の滝

溶岩の間から流れる滝は迫力があります。溶岩流の下にあった柔らかい土壌(愛鷹ローム層)が先に浸食され、残された固い溶岩流の間から滝が流れ落ちていることが分かります。その結果、滝壺付近がオーバーハングしていますね。三島溶岩の亀裂やすき間が地下水の通り道となり、近辺に豊富な湧き水をもたらしました。

鮎壷の滝

吊橋を渡り、鮎壺の滝の全体を見渡す

滝の近くにある吊橋で、対岸の沼津市側に渡ってみます。

鮎壷の滝

滝の正面にかかる吊橋から。この日は進入禁止になっていましたが、水量が少ないときは、この写真の右側から、飛び石を渡って滝の裏側に行くこともできます。

鮎壷の滝

映画のロケ地にも

マンション街の中に富士山の溶岩の間から流れる滝は、なかなか見れるものではありません。その組み合わせが良かったのでしょうか、映画「七人の侍」や、「少林少女」、「サクラダリセット」のロケ地に採用されています。

鮎壷の滝

交通アクセス

・鮎壺の滝(あゆつぼのたき)
・〒411-0943 静岡県駿東郡長泉町下土狩1052-4
・JR下土狩駅から徒歩5分

まとめ

富士山の裾野近く、長泉町にある「鮎壺の滝」に行ってきました。マンション街の中にありながら、富士山の溶岩の間から流れる滝を近くに見ることができました。今日は残念ながら行けませんでしたが、機会があれば滝の裏側にも行ってみたいです。映画「七人の侍」、「少林少女」、「サクラダリセット」のロケ地でもあります。近くに来られた方は、立ち寄ってみてください。

五竜の滝の記事はこちら

五竜の滝は、こちらにまとめてあります。鮎壺の滝の滝からは、車で20分程度で到着します。

富士山周辺の穴場スポット、裾野市の五竜の滝を見てきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です