弥生時代へGO!!2000年前の集落・水田遺跡が広がる「登呂遺跡」へ行ってきた

登呂遺跡

今からウン十年前でしょうか?小学校の社会科の授業で習った弥生時代の遺跡「登呂遺跡」に行ってきました。約2000年前の遺跡として全国的に有名ですが、まだ自分の目で見たことはなかったので、この度足を運んでみることにしました。

知名度は全国区、弥生時代の竪穴式住居と高床式倉庫を再現

JR静岡駅より南西、芹沢銈介美術館の隣

場所は静岡駅南口より南東に2km、遺跡周囲は登呂公園として整備されています。隣は「芹沢銈介美術館」で中は異世界空間が広がっています。ここはデザイナーさんにおすすめの美術館です。

静岡市立芹沢銈介美術館
リンクデザイナーにおすすめ「静岡市立芹沢銈介美術館」をご紹介

登呂遺跡の施設全体を上から見るとこんな感じ。2000年前の復元遺跡と現代マンションが一緒に見えるというシュールな絵。

登呂遺跡

復元された遺跡で、縄文・弥生時代の人々の暮らしに触れる

ここで小学校の授業で習った登呂遺跡を復習をしましょう。

登呂遺跡

登呂遺跡とは、弥生時代後期の集落・水田の遺跡で国の特別史跡に指定されています。戦時中に軍事工場建設の際発見され、1947年の本格的な発掘調査の結果、8万平方メートルを超える水田跡や、竪穴式住居・高床式倉庫の遺構が見つかりました。現在でも、広大な敷地に当時の竪穴式住居と高床式倉庫が復元されています。住居の南側は、発掘された水田跡を利用し今でも稲作が行われています。

登呂遺跡

こちらが竪穴式住居(登呂遺跡 1号住居)。1947年に発見された住居跡です。

登呂遺跡

住居内部の平面積は約45m2。長軸7.5m、短軸6.5の楕円形です。住居内部の中央に炉が設けられています。燻製とかできそうだなぁ。

登呂遺跡

建物の中央までいくとある程度の高さは確保されているものの、やはり狭いです。窓もないのでとても暗い空間です。

登呂遺跡
登呂遺跡

こちらが祭殿です。大型の堀立柱(ほったてばしら)建物で、正面の幅は7m、奥行きは4m。登呂ムラ全体の儀式や重要な話し合いなどに使われたものだと考えられています。周囲の溝によって住居群とは区別された特別な区域です。

登呂遺跡

高床式倉庫も再現されていました。

登呂遺跡

ネズミ返しも確認できます。

登呂遺跡

火起こし体験と土器炊飯もあるよ

時間帯にもよりますが、火起こし体験や土器で炊いたお米の試食などもできます。私は炊飯コーナーで、当時の味を再現したお米を試食しました。

登呂遺跡
登呂遺跡

味は赤飯を少し固めに炊いた感じです。不味くはないですが、白米のほうがやっぱり好きです。現代LOVEです。

「登呂遺跡」の詳細

登呂遺跡自体は公園ですが、以下は隣接する「登呂遺跡博物館」の情報を記載しています。

・名称  :特別史跡 登呂遺跡(とくべつしせき とろいせき)
・住所  :〒422-8033 静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
・電話番号:054-285-0476
・開館時間:9:00~16:30
・休館日 :月 祝日・振替休日の翌日・年末年始は休館
・入館料 :大人/300円、大学生・高校生260/200円、小中学生60/50円
・駐車場 :あり。400円
・HP    :登呂遺跡博物館

「登呂遺跡」へのアクセス

まとめ

小学校で学んだ「登呂遺跡」に行ってきました。知名度抜群の遺跡ですが、弥生時代の竪穴式住居などが再現されており、当時の人々の暮らしに触れることができます。静岡駅近くに来られた際には立ち寄ってみてください。古代にタイムスリップしたかのような気分になれて楽しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です