カメラ片手に東京散歩|変わりゆくエキマチを巡る旅

カメラ片手に東京散歩

東京をぶらり散歩してきました。政治・経済・文化の中心として発展し続ける東京は、いつ行っても勢いが感じられます。

※このページは写真が多いので、読み込みに多少時間がかかります。

変わりゆくエキマチ、Tokyoを散策する

乗降客数ランキング世界No.1、新宿駅

東京に来たキッカケは、大学の同期会です。卒業して10年近く経っていますが、まだ、しぶとく集まっては飲んでいます。同期会の場所は、いつも新宿。ここに集まる理由は至ってシンプル。関東と東海圏に散らばっている同期が一番集まりやすいターミナル駅だからです。新幹線で向かっても品川駅や東京駅から乗り換えれば、そんなに不便なく着けますしね。あとは、学生の頃から「飲み会=新宿」だったことでしょうか。この街に、同期のメンバで集まるだけで、その当時の思い出に浸れます。

カメラ片手に東京散歩 カメラ片手に東京散歩

せっかく新宿に来たのに、大学同期会だけ楽しむのも勿体ないので、一眼レフカメラ片手にカメラ散歩です。撮影対象を探しながら新宿都心をうろうろ。カメラを持っていなかったら、早足で素通りしていただろう道を、ゆっくり歩き、じっくりと風景を眺める。一人だけのゆっくりとした時間が過ぎていきます。時たま同じことをしているカメラおっさんと遭遇しますが・・。しかも同じアングルを狙っているし。

カメラ片手に東京散歩

新宿駅はいついっても人、人、人。高校の部活メンバと卒業旅行で初めてこの駅に行ったときは、駅の出口がわからず右往左往しました。今でもときどき迷いますが。ちなみに、新宿駅はギネス記録を持っていて、一日平均364万人の乗客が通過する「世界で最も忙しい駅(the world’s busiest station)」とされています。乗降客数ランキングでも世界No.1。駅構内の案内表示のわかりにくさも、たぶん世界No.1。

カメラ片手に東京散歩

カメラを購入してたら、ずっと撮影してみたいと思っていた場所がここ、「新宿住友ビル」です。エレベータ前から天井を見上げると飛び込んでくる、この幾何学模様が最高です。

カメラ片手に東京散歩

オシャレでモダン、室町エリアを散歩

同期と語り合った後は、この日の宿がある日本橋へ向かいます。チェックインを済ませ荷物を置いたら、夜の街へ。お店も閉まっているこのタイミングは、カメラ撮影には最高の時間です。コレド室町の和モダンな雰囲気は、江戸時代から歴史ある東京・日本橋エリアにはピッタリですね。

カメラ片手に東京散歩

宝くじの御利益で有名な、「福徳神社」に参拝

私は、平日の朝は弱いのに、休日の朝は強いです。別に仕事がキライな訳ではないのですが、ね。まぁ、憂鬱でなければ仕事じゃないので、平日は仕方がない。すぐに宿を出て、朝イチでコレド室町を散歩。開店準備のお店の方以外、誰もいない。

カメラ片手に東京散歩

ここでの目的地は、コレド室町の中にある「福徳神社」です。大規模再開発エリアにある、とても綺麗な新築の匂いがする神社ですが、江戸時代からある由緒ある神社です。家康公も参詣しています。しかも、宝くじの御利益があるというオマケつき。

宝くじに当選する!?コレド室町「福徳神社」に参拝|家康公が参詣した神社

コレド室町福徳神社

日本道路網の起点、日本橋

日本橋に立ち寄り、歴史に触れてから丸の内エリアに向かいます。道路の案内標識に「東京まで○km」という標識に書かれていますが、この「東京」とは、「日本橋」のことです。日本の道路網の中心は、ここです。

日本橋

日本の道路網の始まり「日本橋」にGO|東海道五十三次の起点、浮世絵に描かれた構造物

日本を代表するオフィス街、丸の内

丸の内エリアに到着です。清廉され整備された街並みに、そこを闊歩する人。絵になります。丸の内ならではの「お金の匂い」が私は大好き。欲望を分かりやすくドンと前に出した新宿駅東エリアとは異なり、美しいスーツを着飾りつつも、内にマグマのような欲望を内包する雰囲気が素敵です。

カメラ片手に東京散歩

大学の頃に観光に行った、ニューヨークのウォール街ととても似た匂いです。ある意味オラオラ系。金融オラオラ系みたいな。毎日スーツ着て誰かと何かと戦っている感じ。イメージは、ドラマ「ハゲタカ」の鷲津政彦でしょうか。大森南朋さんは役にハマっていたなぁ。自分が今愛用しているメガネは、鷲津と同じalain mikliです。オフィスでは誰かと何かと戦っています。

カメラ片手に東京散歩

綺麗に整備された、東京駅

最後は東京駅へ。周りは外国から来られた方観光客だらけ。モダンな駅のバックに高層ビル群は、ザ日本って感じの絵になりますからね。旅行先に日本を選んでいただき嬉しい限りです。とっても些細な貢献ですが、6グループの集合写真の撮影を喜んでお受けしました。東南アジアの学生さんは英語がとても流暢!皆さんには明るい未来が待っているよ。それより、カメラぶら下げて、一人徘徊しているオッサンは、彼らにどう写ったのだろうか。気になるなぁ。聞けないけど。

カメラ片手に東京散歩 カメラ片手に東京散歩

ここも、カメラを購入してたら、ずっと撮影してみたいと思っていた場所です。この天井の模様を撮影してみたかったのですが、実際に撮影してみて、、、右にずれてしまいましたね。

カメラ片手に東京散歩

まとめ

東京をぶらり散歩してきました。あまり計画をせずに行きましたが、新宿エリア、コレド室町エリア、日本橋、丸の内、東京駅と、思ったよりも多くのスポットを見て周ることができて満足でした。再開発中のエリアも多くあり、東京の勢いを感じました。また時間を見つけては行ってみようと思います。次は、見るだけでなく、「食」も楽しみます。

カメラ片手に東京散歩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です