一眼レフカメラを片手に、ダンボーと散歩

ダンボーと散歩

写真撮影の相棒、ダンボーと街中を散歩してきました。

ダンボー撮影記

穏やかな春の日差しの中、カメラと共に近所を散策

ゆっくりと近所の遊歩道を散策しました。桜が一本綺麗に咲いています。

ダンボーと散歩

社会人になると、入学式も卒業式もクラス替えもなく、季節の変わり目を感じる機会が減っていきます。

ダンボーと散歩

朝はゆっくりフレックス出社、夜は深夜まで残業、なんて日々を送ると、本当に気温でしか季節の変化を感じることができません。休日に早起きして、カメラ持って、満開の花々を見に行く。たったそれだけで、とても幸せな気分に浸ることができます。あとは温泉があればパーフェクト。引退後の、理想とする生活像が見えてきた気がします。

ダンボーと散歩

カメラは、自分を外に連れ出してくれる魔法の道具のようです。

撮影記

桜の木の上に。

ダンボーと散歩

咲き乱れる花々と共に。

ダンボーと散歩

春の日差しを浴びながら、公園で散歩。

ダンボーと散歩

道端の野花に囲まれて。

ダンボーと散歩

まとめ

暖かい春の日差しの中、ダンボーと一緒にカメラ散歩を楽しんでみました。桜も、野花も綺麗に咲いており、いつも以上に楽しい散策が出来ました。カメラを片手に散歩をすると意識して被写体を探すので、綺麗な野花に今まで以上に目が向くようになります。カメラって、とても素敵。

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を
(スピッツ 春の歌)

ダンボーと散歩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です