Nikon一眼レフカメラで遊ぼう、エフェクト機能のトイカメラを使ってみたよ

トイカメラエフェクト

ニコンの一眼レフカメラに搭載されているエフェクト機能、「トイカメラ」を選んで遊んでみました。

このブログに掲載している写真は全て、Nikonの一眼レフカメラD5500で撮影しています。このカメラにはスペシャルエフェクトモードという面白い機能が搭載されています。

スペシャルエフェクトモードってなに?

カメラが自動で特殊効果を追加。スペシャルボタン

スペシャルエフェクトモードとは、カメラが自動で写真に様々な特殊な効果を追加してくれるモードです。Nikonの一眼レフカメラ「D5500」にはナイトビジョン、極彩色、ポップ、フォトイラスト、トイカメラなど、たくさんのスペシャルエフェクトが選べます。スマホアプリで、撮影した画像を後から加工するモノが沢山ありますが、ボタン一つでそんなエフェクトを自動でやってくれるんだから便利。 今回はその中からトイカメラをトライ!

D5500|デジチューター – サポート | ニコンイメージング

撮影の仕方は簡単、ボタンを回すだけ

  1. 撮影モードダイヤルをEFFECTSに合わせます。
  2. コマンドダイヤルを回して設定を変更します。トイカメラをセレクト。もちろん、タッチパネルでも操作できます。
  3. 撮影します。
  4. おわり。

エフェクトモードにして特殊効果を選ぶだけなので、とても簡単。

実際に撮影してみよう

カメラは撮影してナンボ。普通に撮影した写真と、トイカメラエフェクトで撮影した写真の両方を並べてみます。写真は全てクリックで拡大できます。普通に撮影した場合が左、トイカメラエフェクトが右です。

トイカメラの写真は、全体的に暗めになり、また緑が強調されています。

上の2枚は違いがあまり出ません。もともと苔に囲まれた暗めの写真なので違いが出にくいみたいです。カメラの四方が暗くなっていることは見て取れると思います。

これは分かりやすい。レンガの上のコケが強調され、古い写真のような感じになっています。遺産のような古い建物との相性が抜群にいい。

古い町並みも、その当時に撮影したかのような写真に。トイカメラとは、その名の通り「おもちゃカメラ」で、ピントも合ってない、解像度も低い、ザラザラしたチープな写真しか撮れないんだけど、独特の雰囲気の写真が撮れるところが売りな訳ですが、このトイカメラ機能も、なかなか味のある写真になります。

トイカメラは歴史ある建物・町並みとの相性がいい

その当時に撮影したかのような写真が撮れる

静岡にある交通の難所、宇津ノ谷集約の町並みをトイカメラエフェクトで撮影しました。

トイカメラエフェクト

歴史ある昔ながらの建物が味のある写真になりました。新緑の季節にこのエフェクト機能で撮影すると、また面白い写真になりそうですね。

トイカメラエフェクト

まとめ

NikonのD5500に搭載されているスペシャルエフェクトモードで遊んでみました。沢山のエフェクト機能の中から「トイカメラ」をピックアップして撮影しましたが、遺産のような古い建物との相性が抜群によく、その当時に撮影したかのような味のある写真になりました。カメラの表現範囲が広がった気がします。他にもたくさんのエフェクト機能があるので、どんどんトライしてみます。

新緑の季節にこのエフェクト機能で撮影すると、また面白い写真になりそうですね。

一眼レフカメラをもっともっと楽しもう

一眼レフカメラの入門機、Nikon D5500でカメラライフを楽しんでいます。一眼レフカメラの撮影テクニックや撮影後の編集テクニックなど、カメラに関する記事を記載しています。こちらにまとめてありますので、よろしければご参考にご覧ください。

一眼レフカメラの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です