ニコンD5500レンズキットの開封の儀|一眼レフカメラデビュー

nikon-D5500

勢いで購入した「Nikon D5500レンズキット」が届きました。

NikonのD5500レンズキットが届きました。箱を開ける瞬間のワクワク感は良いですね。早速開封してみます。

ニコンD5500レンズキット、開封の儀

レンズキット の外装と内容物

こちらが外箱です。

nikon-D5500

そして、こちらが内容物の一覧。

nikon-D5500

当たり前だけど、D5500本体と18-55 VR II レンズが入っていて、それに加えて充電器、ケーブル、ストラップ、取扱説明書、保証書等が入っています。全て揃っていますね。OK。

Nikon D5500 本体

手前から

nikon-D5500

まだレンズはつけていません。レンズ未装着時のキャップがついたままです。第一印象は「小さい」。一眼レフカメラってもっと大きくて、ゴツくて、存在感ありありだと思っていましたが、デジカメを若干大きくした程度で予想外。

 「バリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラとして世界最小・最軽量のすぐれた携行性を備えている。(NikonのHPより)」

とあるけど、本当だ。小さい。

裏面から

nikon-D5500

後ろには購入時に外せなかったバリアングル液晶モニタがあります。液晶画面が回転します。回転させて好きな角度で止めておくことができます。足元や頭上など、様々なアングルから狙えるので、これは便利。この機能で猫とか撮りたいね。

nikon-D5500

右後ろから

右手の人差し指あたりに、よくわからないボタンが沢山。これを全部調整するの?使いこなせるのか。。。SDカードを刺すスロットもこっちにあります。

nikon-D5500

右前から

右手でつかむ所が良く出来ていて、ホールド感がとてもいい。これなら安定しそう。

nikon-D5500

キットレンズ

付属のレンズには、AF-S、18-55mm、1:35-5.6、VR、など、謎のワードが記載されていますが、サッパリ分かっていません。レンズにもボタンが沢山。レンズ選びに終わりはないそうですが、せっかくのレンズキットだし、まずはこいつを存分に使ってやろうと思います。

nikon-D5500

本体にレンズを装着

折角なので、本体にレンズを装着。ガシャ!とね。いいじゃないか。うん、すばらしい。それっぽい。

nikon-D5500

おわりに

良き相棒と出会えました。 想像よりも軽く、コンパクトで驚きました。いい意味で予想外。ボタンの多さには唖然としましたが、その分自分好みの写真に調整できる“伸びしろ”があるのかな、と。まずは地元静岡のステキな景色を取りに行こうかな。

一眼レフカメラをもっともっと楽しもう

一眼レフカメラの入門機、Nikon D5500でカメラライフを楽しんでいます。一眼レフカメラの撮影テクニックや撮影後の編集テクニックなど、カメラに関する記事を記載しています。こちらにまとめてありますので、よろしければご参考にご覧ください。

一眼レフカメラの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です