「かねふくめんたいパーク伊豆」をご紹介|道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」のお隣

かねふくめんたいパーク伊豆

静岡県田方郡函南町にある「かねふくめんたいパーク伊豆」へ行ってきました。2018年の12月に完成したばかりの新しい伊豆の観光スポットです。伊豆縦貫自動車道のそばにある道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」のお隣とアクセスも抜群。完成して間もない“めんたいこテーマパーク”をご紹介します。

2018年に完成、明太子専門のテーマパーク

道の駅「伊豆ゲートウェイ」のお隣

伊豆縦貫自動車道を南下し函南塚本ICを通過してすぐ、左手に「伊豆ゲートウェイ函南」が見えてきます。そのお隣に立地しているのが「めんたいパーク伊豆」。わさび工場・道の駅・めんたいパークと並んでいますので、どこか一か所に車を停めて歩いて全部回ることもできます。

かねふくめんたいパーク伊豆

とても広い無料の駐車場が整備されています。ただし、まだ完成して間もないので大人気&大混雑。誘導員さんがいるのですが、それでも駐車場に入るのに10分程度待ちました。あ、駐車場とパークの入場料は無料ですよ。

めんたいこのオンパレード

めんたいパークなだけあって店内は明太子だらけ。1階は売店コーナー、工場見学エリア、フードコートがあります。売店には王道の明太子や辛子明太子はもちろん、イカみみに手羽にソーセージまでありました。ご飯にのせる食べるラー油はお土産によさそうですね。

かねふくめんたいパーク伊豆
かねふくめんたいパーク伊豆

出来立ての明太子の試食もできましたよ。当然ですがうまいです!静岡産のお茶が無料で飲める給湯器も近くに設置されていました。組み合わせはバッチリ。

かねふくめんたいパーク伊豆
かねふくめんたいパーク伊豆

工場見学で明太子をさらに知ろう

工場見学エリアもあります。と言っても工場見学はチラっとガラス越しに見るだけで、たいていは明太子の豆知識的な展示を見て回る感じです。

かねふくめんたいパーク伊豆
かねふくめんたいパーク伊豆

記念写真の撮影コーナーや、子供向けの遊具?もあり、あまり社会科見学っぽくなく子どもを飽きさせない工夫がされているのはいいですね。

かねふくめんたいパーク伊豆

明太子がどのように作られているのかを知ることができます。ちなみに、「たらこ」と「明太子」の違いはご存知でしょうか?「たらこ」は塩漬けのもの、「明太子」は辛子明太子を省略した呼び名で、辛子の入った調味液に漬け込んだものです。ぼーと生きてんじゃねーよとか言われそうですが、初めて知りました。

かねふくめんたいパーク伊豆

2階はキッズスペースと足湯コーナーがありました。キッズスペースはとても広く子ども達が大騒ぎ。伊豆への長時間ドライブでお子さんが疲れた時は気分転換にいいかもしれませんね。

休日のお昼頃は混雑覚悟

日曜日の昼頃に行ったのですが、当日は大変混んでいました。施設が出来て間もないので当然と言えば当然ですが、それでもフードコートの注文カウンターの込み具合はすさまじく、40人程度が並んでいました。

かねふくめんたいパーク伊豆

明太子おにぎりやめんたいソフトクリームを狙っていたのですが、行列の長さにあえなく断念。行列もすごいのですが、全然前に進まないので・・。せめてソフトクリームだけでも別の場所に売り場を作るなどできないのかなぁ?フードコートも全然席が足りずお客さんがあふれていました。もう少し工夫をしてほしいものです。その場では食べれませんでしたが、辛子明太子(冷凍)をお土産にGETして帰路につきました。

かねふくめんたいパーク伊豆

・名称  :かねふくめんたいパーク伊豆
・住所  :〒419-0124 静岡県田方郡函南町塚本753-1
・電話番号:055-928-9012
・営業時間:9:00~118:00
・定休日 :年中無休
・入館料 :-
・駐車場 :あり。無料。
・HP    :https://mentai-park.com/park/izu/

まとめ

静岡県田方郡函南町に2018年に完成した「かねふくめんたいパーク伊豆」へ行ってきました。売店コーナーやフードコートだけでなく、工場見学エリアや大きなキッズスペースや足湯もあり、お子さんと一緒に楽しめるテーマパークでした。わさび工場・道の駅・めんたいパークがお隣なのでセットで見て回ることができますよ。休日はまだまだ混雑が続きそうですが、伊豆縦貫自動車道を通る際には立ち寄ってみてください。

今夜は明太子を炙って日本酒とパーリナイだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です