IZU PHOTO MUSEUMに行ってきた|クレマチスの丘にある写真美術館の魅力をご紹介

IZU PHOTO MUSEUM

静岡のクレマチスの丘にある写真美術館、「IZU PHOTO MUSEUM(伊豆フォトミュージアム)」に行ってきました。

去年の11月に、勢いで一眼レフカメラを購入し、カメラ片手に観光名所を巡る旅をしています。写真を趣味すると興味が湧いてくるのが、プロの写真家が撮影する写真です。被写体、構図、輝度はどう設定して、どんな作品を仕上げるのか、とても気になります。さっそく、写真展示専門のミュージアムに行って、写真の勉強をしてみます。

写真展示専門ミュージアムを堪能しよう

場所は、美術館が集まるクレマチスの丘

静岡県長泉町には、クレマチスの丘という美術館が沢山集まっているオシャレな芸術ゾーンがあります。ベルナール・ビュフェ美術館や、ヴァンジ彫刻庭園美術館、さらには井上靖文学館などが隣接しており、「IZU PHOTO MUSEUM」もそこの一角にあります。ミュージアムには、休日の午前に行きましたが、駐車場はご覧の通り、がら空きです。フェアレディZが小さく見える。電車で来られる場合は、三島駅北口から、クレマチスの丘行きの無料シャトルバスが出ていますので、そのバスを利用するのがオススメです。

IZU PHOTO MUSEUM

このミュージアムは、その名の通り、写真展示専門のミュージアムです。常設展はなく、企画展を中心とした展示が行われています。駐車場から歩いてすぐ、木々の中を少し散策すると、コンクリート打ちっぱなしのおしゃれな建物が見えてきました。こちらです。

IZU PHOTO MUSEUM

きれいなアプローチを抜けると、美術館の入り口があります。

IZU PHOTO MUSEUM

ミュージアムは、現代的なクールな建物

このミュージアムの内装と坪庭の設計は、現代美術作家である杉本博司氏の手によるものです。ミュージアム入り口にある、この「IZU PHOTO MUSEUM」の文字、白のバックに金色の文字。クールでかっこいい。

IZU PHOTO MUSEUM

撮影が可能なゾーンは、このミュージアム入り口までです。内装と坪庭はIZU PHOTO MUSEUMのHPに載っています。ご参考に。

IZU PHOTO MUSEUM

展示作品のご紹介

Forever(and again)永遠に、そしてふたたび

当時は、「Forever(and again)永遠に、そしてふたたび」と題した展示でした。作家は、横溝静氏、野口里佳氏、川内倫子氏、長島有里枝氏、テリ・ワイフェンバック氏。

IZU PHOTO MUSEUM

ミュージアム内は写真撮影ができないので、パンフレットとフォトカードで、雰囲気だけでも紹介させてください。

IZU PHOTO MUSEUM

流れ続ける時間のある一瞬の出来事をとらえる写真は、過去の集積を写し出し、記憶としての物語を観者にふたたび想起させるものでもあります。5名の現代作家による作品は、時間と記憶のつながりや永続性について思考する手がかりを私たちに与えてくれることでしょう。(パンフレットより一部抜粋)

IZU PHOTO MUSEUM

「時間と記憶のつながり」とパンフレットには、あります。たしかに、過去の記憶を思い出せる作品も多くありました。自分はあの頃どうだったのだろうか、その時の両親や家族はどのような思いを抱いていたのだろうか。過去の微かな記憶を呼び戻す行為をうながす作品が多く、作品を見て素敵・綺麗。で終わりではなく、頭と心を揺さぶる作品で見に行って良かったです。

次回の展示は、星野道夫の旅

これも楽しそう。次回は20年近くにわたり極北紀行を重ねた星野道夫氏の写真展示だそうです。ホッキョクグマや夜空に輝くオーロラ、クジラが水中から空中にダイブする写真などが展示されます。これは写真展示の王道のような雰囲気になりそうですね。

没後20年 特別展 星野道夫の旅

没後20年 星野道夫の旅 セレクション(芳澤ガーデンギャラリー|千葉)|ART NAVI

IZU PHOTO MUSEUM(伊豆フォトミュージアム)

・名称  :IZU PHOTO MUSEUM(伊豆フォトミュージアム)
・住所  :〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1
・電話番号:055−989−8780
・営業時間:1月 10:00~16:30(終了時間は月により変わります)
・休館日 :水曜日(祝日の場合は、その翌日)、年末年始
・入館料 :大人 800円、高・大学生 400円、小・中学生 無料
・駐車場 :有り(無料)
・HP    :http://www.izuphoto-museum.jp/guide/index.html
・アクセス:東名裾野I.C.より、沼津方面に10km。

写真を堪能したあとは、グルメを堪能しよう

クレマチスの丘はグルメも豊富

写真美術館の近くにはオシャレな食事処もあります。小さなお子さんがいると入りずらい雰囲気が少しありますが、クレマチスの丘に来られたら、ぜひ候補に挙げてほしいお店です。

日本料理テッセン(TESSEN)です。竹藪に囲まれた場所にある、ガラス張りの日本料理店です。ランチやスイーツもありますよ。

IZU PHOTO MUSEUM IZU PHOTO MUSEUM

まとめ

美術館が立ち並ぶクレマチスの丘の一角にある写真美術館、IZU PHOTO MUSEUM(伊豆フォトミュージアム)に行ってきました。企画展を中心とした展示が行われており、今回は「Forever(and again)永遠に、そしてふたたび」と題した展示でした。写真美術館だけでなく、美術館・彫刻庭園・文学館などもあり、またグルメも楽しめる複合文化施設です。落ち着いた雰囲気のなかで、ゆっくり写真を楽しむことができる素敵な場所でした。また展示が変わったら行ってみようと思います。

IZU PHOTO MUSEUM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です