平成30年北海道地震、発生当時の私の体験|活かせなかった事前知識

平成30年北海道地震

北海道地震に遭遇しました。自分の体験と、反省点をまとめます。

活かせなかった地震対策の知識

今回被害に見舞われた方へ

この度の震災に際し、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と、被災された方々が日常の平穏な生活に戻れるよう、お祈り致します。

反面教師として、自分の行動を振り返る

2018年9月6日03時08分、北海道中東部を震源とするM6.7の地震が発生しました。震度7を観測する地点もあり、土砂崩れや家屋の倒壊、液状化現状など、大きな被害が発生しています。地震が発生したあの時、仕事の都合で私も北海道にいました。地震、大規模停電に遭遇し、何ができて何ができなかったのか、反省も踏まえ、その当時の行動を振り返り、まとめました。

地震発生時の私

2018年9月6日会社の宿舎で眠りについていた時です。突然ベッドの枕横に置いておいたスマホから大ボリュームで緊急地震速報が鳴りました。『ヴィ―ヴィ―ヴィ―、地震です!』その直後、ベッドが上下に小刻みに揺れ始め、その後に大きく八の字を描くような揺れを感じました。建物全体がガタガタガタと大きな音で揺れ続け、これは大きな地震だとわかりました。地震の最中か、直後かは覚えていませんが、部屋の電気が消え、非常灯が付き、辺りは静寂に包まれました。ここまではおぼろげながら覚えています。そして、その後、、、、今振り返っても驚きなのですが、何もせずに二度寝しました。
朝5時頃に目が覚めると、電気もガスが付かない、TVも見れない部屋を見て、昨夜の地震の記憶が蘇り、あれは夢ではなかったのだと、ようやく事態の深刻さを思い知ります。すぐに会社の安否確認システムに状況を登録し、その後職場の同僚と集まり、今後の行動について協議、職場も受け入れられる状態ではないため、宿舎での一時待機となりました。
宿舎は街の物凄い外れにあり、コンビニはおろか、信号機すらない田舎です。建物の被害がなかったことと、職場の同僚と来ていること、職場が非常用電源を有していたため、心に余裕がありましたが、人が多い都会や、電気が確保できない場所は、相当混乱したと後で地元の方より聞きました。

商品がなくなったコンビニエンスストア@帯広

震災で、日常が一変。当たり前がなくなる

水道は止まらなかったのでトレイは使えましたが、地震直後からの停電により、電気・ガスが使えません。過ごしやすい季節だったのが不幸中の幸いで、これが真冬だったらと考えるとゾッとします。ここから日常は一変しました。電気がないので、部屋は暗い、暖房・ガス器具も使えない。自動販売機やATMも停止し、お金を引き落とせない。コンビニやドラッグストアは開店と同時に食べ物、飲み物が売り切れに。大きな災害を経験したことがなかったため、混乱の連続でした。万が一のためにフル充電で持参したスマホバッテリを握りしめながら、「備えは最大の減災」だと実感しました。

hokkaido-earthquake

(上記画像は、tenki.jpより引用)

活かせなかった地震対策の知識

東海圏に住む者として、南海トラフの地震対策として、地震発生時の行動はある程度頭に入れていたつもりでした。そして今回、震災に遭遇し、自分の行動は実際どうだったのか、振り返ります。

①地震発生直後

やるべきことは、自分の身を守ること。丈夫な机やテーブルなどの下に身を隠すこと。そして、玄関の扉を開けて脱出口を確保することです。当日は、全部できませんでした。緊急地震速報が鳴っても、夢と現実の間をさまよい、「今日の夢、なんかリアルだなぁ」としか思えず。周囲に高い家具や落ちてくるモノがないため、机の下に潜らなくてもベッドでも安全なのですが、身を守る行動をする以前に、そもそも起きれませんでした。海も、山も近くにないことで、どこか大丈夫だろうと気が緩んでいたと思います。

②揺れが収まったら

やるべきことは、火の始末。目が覚めたのが地震発生から数時間経ってからですが、火事がないことと、万が一のために、消火器の位置は確認しました。ドア、窓が問題なく開くことも確認しました。遅いけど、、、。

③安否確認

数時間遅れましたが、上司・家族に連絡。同僚とケガがないことをお互い確認しました。北海道にいることを知っている知人にはLINEで状況を報告。

④避難行動

宿舎待機となったため、ブレーカを落としました。停電で暗いのですが、非常用ライトがあったため、作業はできました。

⑤情報収集

スマホでyahoonewsを斜め読み。北海道全域で停電していることを知りました。スマホバッテリの残量との闘いなので、あまり動画は見ない、正確な情報を得るために、情報源が明確なモノだけをピックアップしチェックしました。

緊急地震速報が鳴っても起きない自分にまず驚きです。目が覚めてからは最低限の行動はしましたが、事前知識が活かせたとは言えない有様でした。ただ、事前の準備で功を奏したモノもありました。非常用ライト、モバイルバッテリー、スマホの充電(つねに100%にしておくこと)です。ここは、また別の記事でまとめようと思います。

人がいなくなった街中@帯広

hokkaido-earthquake

まとめ

北海道で発生した地震に遭遇しました。事前に貯めておいた知識は、全く行動に移すことはできませんでした。緊急地震速報が鳴っても、飛び起きることもせず、二度寝する自分に驚きました。職場の同僚がいるから、非常用電源があるから、と、心のどこかに、慢心があったと思います。今回の反省を踏まえ、防災意識を高めていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です