化石の発掘ができる!伊豆アンモナイト博物館に行ってきた|小学校の自由研究におすすめ

伊豆アンモナイト博物館

静岡県伊東市にあるアンモナイト博物館に行ってきました。

小学生なら一度は好きになるのが恐竜や化石の世界です。その化石の発掘体験ができるのが、「伊豆アンモナイト博物館」です。お子さん受けバツグンの博物館の魅力をご紹介します。

日本でも珍しいアンモナイトに特化した博物館

芸術の街、伊東市

伊東市は、「池田20世紀美術館」や「崔如琢美術館」、「ねこの博物館」や「伊豆テディベア・ミュージアム」など、たくさんの博物館、美術館があります。中には「怪しい少年少女博物館」のようなキワモノもありますが・・。その中で、アンモナイトの化石に特化した、とても珍しい博物館を見つけました。小学生頃の自分も恐竜の魅力に心を奪われたときがあります。そんな太古のロマンに惹かれ、行ってきたのが「伊豆アンモナイト博物館」。化石クリーニングの体験もできるため、お子様連れの家族にとても人気だとのこと。早速行ってみましょう。

伊豆アンモナイト博物館

伊豆ぐらんぱる公園から車で3分、街中の一角にある、コンクリートのオシャレな建物が、今回の目的地です。

アンモナイトの化石に特化した珍しい博物館

入ってすぐに、ティラノサウルスの化石のレプリカがお出迎え。お子さんはこれでテンションアップ間違いなしです。

伊豆アンモナイト博物館

この博物館は、アンモナイトの化石に特化した博物館です(ティラノサウルスはさておき)。個人で運営されているのかな?博物館の規模はこじんまりしていますが、博物館の中にも外にも沢山のアンモナイトの化石が展示されています。本物のアンモナイトをこれほど沢山みれる博物館も、国内でもそうそうないのではないでしょうか。

伊豆アンモナイト博物館 伊豆アンモナイト博物館

アンモナイトの魅力に迫る

そもそも「アンモナイト」ってどんな生き物なのでしょうか。アンモナイトとは、古生代シルル紀末期(約4億2000万年前)に出現し、中生代白亜紀末期(約6500万年前)に恐竜などと一緒に絶滅した頭足類(イカとかタコの仲間)の生き物です。そんな昔に生きていた生き物の化石が目の前にあるというのは、なんだか不思議な感覚です。

伊豆アンモナイト博物館 伊豆アンモナイト博物館 伊豆アンモナイト博物館

「アンモナイト」と言っても、その種類は1万以上あると言われ、大きさも直径1センチ以下のものから、2メートルを超えるものまであります。また、殻の形も一般的なイメージの平面巻きの殻だけでなく、異常巻きと呼ばれるかわった形のものもあります。国内では北海道がアンモナイトの宝庫らしく、館長さんも北海道によく行くと言っていました。

伊豆アンモナイト博物館

こちらは、オウムガイの殻の構図です。

伊豆アンモナイト博物館

一番外側の仕切りのない部分は「住房」と呼ばれる体が入っている部屋で、その内側の仕切りのある部分は「気室」とよばれる気体と少量の液体が入っている部分です。このような構造のため、浮力を調整することができます。構造は潜水艦そのものやね。

化石クリーニング作業を体験しよう

このアンモナイト博物館では、化石のクリーニング作業を体験する事ができます。化石のクリーニング作業とは、読んで字のごとく、化石を石から取り出す作業です。採掘現場ではアンモナイトを含んだ形でざっくり石を採取し、持ち帰ってから、丁寧にクリーニング作業で石から化石を取り出します。とにかく化石自体を割らないよう時間をかけてコツコツ作業をします。化石のクリーニング作業が終了すると、その化石を持ち帰る事ができますので、小学生の夏休みの自由研究に大人気だそうです。

伊豆アンモナイト博物館

この体験ですが、毎日必ず実施しているわけではありません。HPに最新の予定が載っているので、必ずチェックしてから行くことをおすすめします。

伊豆アンモナイト博物館

私も、生まれて初めてのアンモナイトをGET。今は、私の机に飾ってあります。旅の思い出がまた一つ増えました。

伊豆アンモナイト博物館

伊豆アンモナイト博物館

・名称  :伊豆アンモナイト博物館
・住所  :〒413-0235 静岡県伊東市大室高原10-303
・電話番号:0557-51-8570
・営業時間:10:00~17:00
・定休日 :火曜日・水曜日
・入館料 :大人700円(小学生500円)
・HP    :http://www.ammonite-museum.com/

伊豆アンモナイト博物館へのアクセス

まとめ

伊東市にあるアンモナイトに特化した珍しい博物館、「伊豆アンモナイト博物館」に行ってきました。化石のクリーニング作業は、お子さん受け間違いなしです。ぜひ足を運んでみてください。伊豆には沢山の美術館・博物館がありますので、少しでも興味が湧いたら見に行こうと思います。

伊豆アンモナイト博物館

絶景で有名な城ヶ崎海岸はすぐ近くです。

城ヶ崎海岸の断崖にある「門脇吊橋」を歩いてみた|スリルと伊豆の絶景を味わおう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です