飛行機の中から見た風景|ただひたすらに空の写真をアップしていく

飛行機の中から見た風景

飛行機の中から見た空の様子を、ただひたすらにアップします。

羽田空港から北海道の帯広空港までは、片道1時間半と、とても短いフライトです。フライト中は特にやることがないので、飛行機の窓から見た空の写真をiphoneで撮影していました。この記事は、撮影した写真をひたすらにアップするという超マニアックな記事です。

飛行機の窓から見た空の写真

エアポート投稿おじさん?

最近よく聞く、"エアポート投稿おじさん"。SNSで"空港にいる俺"アピールをするおじさんを総じてそう言うそうですが、搭乗手続きを終えると、搭乗まで時間があるので、どうしてもスマートフォンで飛行機を撮影してしまいます。FacebookもTwitterにも撮影した写真はあげませんが、つぶやきたい気持ちはわかります。できれば、私も、仕事ではなく、旅行で旅立ちたかったよ。。。これから海外に行くという高揚感や、非日常感で投稿するんだろうけど、エアポート投稿おじさん、いいなぁ。

飛行機の中から見た風景

小さい頃から、車も、電車も、新幹線も、窓から眺める風景はとても好きでした。地元の鈍行列車のボックス席から眺めた田園風景や、トンネルを開けた瞬間に銀世界に一変する上越新幹線からの窓から見た風景など、今でも鮮明に覚えています。特に飛行機の窓から眺める風景は、その高度でないと見ることのできない空の世界が広がっており、とても好きな景色の一つです。

飛行機の中から見た風景

翼の向こうに広がる青い世界

飛行機の窓から見る景色で、一番好きなアングルは、翼の先に青い空と白い雲海が広がる構図です。この絵が撮りたくて、いつも同じ座席を予約します。窓側の席は頭上も足元も狭く、また、翼付近はエンジン音や翼の開閉音など、騒音が多いため人気がないエリアなので大抵空いています。

飛行機の中から見た風景

撮影時は、周りの方に邪魔にならないように気を付けながら。

飛行機の中から見た風景

眼下に広がるはひつじ雲。

飛行機の中から見た風景

太陽との位置関係でキラッと翼が光る瞬間。こういう偶然が生んだ絵は大好き。

飛行機の中から見た風景

羽田に着陸する直前。台風に地震にと、北海道は色々ありましたが、無事に帰ってきました。

飛行機の中から見た風景

北海道の帯広観光

帯広市はグルメの宝庫です。北海道地震の停電の影響で、予定していたよりも半分程度しか周ることができませんでしたが、それでも帯広を代表するスポットは巡ることができました。よろしければ、こちらもご覧ください。

帯広の観光スポットまとめ|地震に負けるな!北海道を観光で応援

帯広のオススメグルメ、インデアンカレーで北海道の味を堪能しよう

まとめ

飛行機の窓から見た空の様子をご紹介しました。雲の上に広がる青い空は、飛行機ならではの風景でした。車もいいけど、飛行機の旅もいいものですね。

飛行機の中から見た風景

一眼レフカメラをもっともっと楽しもう

今回ご紹介した写真は、一眼レフカメラではなくiphoneで撮影した写真です。いつもの旅行には一眼レフカメラのNikon D5500で撮影しています。カメラの撮影のコツや、画像編集のノウハウは、こちらの記事にまとめてあります。よろしければこちらもご覧ください。

一眼レフカメラの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です